トップページ

家庭教師を選ぶ理由

それぞれのスタイルの特徴

 親御さんにとって、子供の成長を見るのはとても喜ばしいことですよね。しかしその反面、将来の不安も大きくなってきます。親御さんとしては、将来は安定した仕事に就いて、何不自由ない生活を子供には送って欲しいと願うものです。それには、やはり「良い学校」を受験して進学してもらうことが親としての心情だと思います。そのために、学校以外での勉強の場をお考えになるのではないでしょうか?

では、その学校以外での勉強の場とはどういったものでしょうか?それは、塾や家庭教師などといった学校以外での勉強の場所です。現在のた教育産業界は年々多様化していて、その種類を大きく分けてみると3つの種類に分けられると思います。その1つは、学習教材や通信講座など自分で勉強を行う自力型のスタイル。次が、塾や予備校など大人数の場所で一緒に受験に向けた勉強を行う授業形式のスタイル。そして最後が、家庭教師のように生徒と教師が一対一で指導を行うマンツーマン形式のスタイルです。

■自力型のスタイル

自力型のスタイルの特徴は、学習教材などを使って生徒自身が成績を伸ばすことを目的に自ら学習を行います。そのため、自分から積極的に自主学習に取り組めるかどうかが最低条件となり、その教材の解答解説をきちんと理解することが出来るのも条件の一つに含まれます。通知表で5を取る生徒は、もし100人の生徒がいたとしたらその中の7人が5の成績を取れることになります。そのため、その5を取れる7人の生徒しか、学習教材を使いこなせないといのが実状でしょう。自ら学び、それを理解することができるのは、ある程度の学力があってこそのスタイルといえるでしょう。

■授業形式のスタイル

塾や予備校などの授業形式のスタイルの場合ですが、生徒が授業内容理解する、しないに関係なく決められたカリキュラムに沿って授業が進められます。学校の授業形式とさほど変わりません。ただ、学校で習っている内容よりももっと進んだ内容を扱っているため、予習ができるといったことが特徴でしょうか。しかし、カリキュラムに沿って授業が進められるということは、分からないところがあっても質問もできないままその日の授業が終了してしまう可能性があるのです。

友達と一緒に遊び感覚で通ってしまうといったように、本来の目的が変わってしまうということもあります。塾の授業の予習を家で行える子、塾が休みの日などに家庭学習を行いそれがしっかりと身についている子、塾の中に競争相手を見つけられる子などは授業形式のスタイルに適しているので、成績アップの期待もできます。

■マンツーマン形式のスタイル

自力型や授業形式のスタイルは、一から学習能力を身につけて行くというよりも、ある程度構築された能力を伸ばす・あるいは維持していく方法ではないかと思います。それに比べてマンツーマン形式の家庭教師は、分からない部分を理解させるためには適しているスタイルだと思います。上記2つのスタイルよりかは、一から学習を身に付けることができると思いますので、お勧めです。それに、家庭教師との相性が良ければ、飛躍手に成績が伸びる生徒も中にはいます。しかし、家庭教師が他の塾や学習教材よりも成績を伸ばすに効果的だということではありません。

当サイトでは家庭教師についてご紹介していますが、成績が伸びるかどうかは、それぞれのスタイルにその生徒が合うかどうかによって変わってきます。それに、先生と生徒との相性や、その子の性格などによっても大きく左右されます。もし家庭教師をお考えなら、その子の性格や学習スタイルなどを踏まえた選択が必要になります。そして、学習能力は子供の成長段階によっても大きく左右されるものです。そこで当サイトでは、子供の成長段階に合った家庭教師の学習方法をご紹介しています。今の成長段階で家庭教師が適しているのかどうかを知るためにも、ぜひ参考にして下さい。

pickup

ドライフラワー
http://nekojarashi.life.coocan.jp/
ヘリウムガス 風船
http://www.balloonworld.jp/
渋谷 賃貸
http://www.kokyuchintai.com/chintai/%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA
市川市 住宅
http://www.daiwajyuutaku.co.jp/

2017/4/10 更新

Copyright (C) 2008 家庭教師で勉強対策. All Rights Reserved.