小学校からの家庭教師

小学校からの家庭教師

勉強意欲を身に付ける

 小学校は、これからの学習において重要な基礎を身に付ける上で大切な時期となります。この時期にしっかりと基礎が見についていれば、これからの学習をとてもスムーズに進めることができます。家庭教師の役割としては、この基礎となる時期に学習への興味付けを行いその先の習慣付けまでを目標に、それぞれの性格などに合わせて教育を行います。

そのためには、子供が自主的に学習に取り組む環境作りが必要となります。塾や家庭教師を選ぶ理由としては、「勉強が分かるようになりたい」とか「テストで高い点を取りたい」といったことが理由だと思います。しかし、そのためにやるべきことが何なのかを理解している生徒はごく少数でしょう。気持ちはあっても、その方法が分からないから結果が残せない。そうなると、結果が残せない勉強なんてつまらないといった悪循環に陥ってしまい、生徒たちは勉強に対する意欲が失われていくのです。

そういった子供の勉強意欲についても考えた上で、家庭教師は指導を行います。これは、マンツーマンで教えることができる家庭教師ならではだからできること。生徒の勉強に対する意欲引き出すために、まずは勉強のやり方をから教えます。そして、やれば出来るといった勉強の喜びを生徒に実感させるのです。問題を解いた時の喜びや楽しさといった勉強で大切な部分を理解させることで、勉強に対する生徒の意欲を引き出させるのです。勉強の成果が現われれば、生徒は自主的に勉強に取り組むようになるのです。基礎が身に付く大切な時期だからこそ、家庭教師の一対一の指導が必要になるのではないでしょうか。

小学生に行う家庭教師の学習方法

 家庭教師が行う小学生への指導方法をご紹介したいと思います。まず、勉強が始まったばかりの小学校低学年の場合、毎日の勉強を習慣付けると共に、苦手教科を克服することで解ける楽しさを学びます。高学年では、勉強の基礎が今後の学習に大きな影響を及ぼします。そのため、中学・高校の学習を踏まえた上での勉強法を行い、基礎をきっちりと見に付けさせます。中学に進学するまでの準備期間は、志望中学の出題傾向に合わせて、的確な学習を行います。それに、受験校が決まっていない生徒のために中学校選びもご相談に乗ります。受験となるとその学校の出題傾向など専門の知識も必要になってきますので、受験に強い家庭教師選びは重要になります。

また、好き嫌いが分かれる理科や社会などは、その面白さを実感することで得意科目に変わるように指導を行います。そして、頭の働きが柔軟な小学生の内に、英語の学習を進めるのも必要です。他の子どもたちに差を付けるためにも、英語の学習も今の家庭教師の指導には組み込まれています。

Copyright (C) 2008 家庭教師で勉強対策. All Rights Reserved.