幼児期に家庭教師を

幼児期に家庭教師を

小さい時からの学習週間

 皆さん、人間の脳がいつ頃発達するかご存知ですか?脳は、2才で60%・4才では既に80%が発達するのです。小学校に入るまでの教育により、お子様の将来に大きな影響を及ぼすことは言うまでもありません。幼児期の内に教育することによって脳に刺激を与えれば、どんどん発達していくことは間違いありません。学習内容は、ご家庭に家庭教師が直接訪問して指導をするといった方法です。この時期は、幼児が一番文字や数といったものに興味を持ち始める時期です。この時期に基本教材を使って小学校入学準備までの間、無理なく勉強を身につけることができるでしょう。さまざまな教材・教具を活用することで、脳の活性化を図るのです。そうすることで、下記のような能力が身に付くでしょう。

  • 文字や数といった基礎だけでなく、脳の発達に応じた力が身に付く
  • 本格的な小学の勉強の前に、基礎知識を身に付けることができる
  • 小学校入学前の準備として、バランス良く知識を伸ばせる
  • 家庭教師と触れ合うことにより、コミュニケーション能力を高めることができる

 幼児期には、実際にものに触れて体で覚えることで脳が活性化していきます。そのため、教材・教具を活用して答えがこうなるといった原理を子供たち自身で解決できるように能力を身につけさせるのです。いろいろな教材、教具を活用して課題を解決することにより、そこから導き出させる答えが具体的となって行き、無理なく次の課題に取り組むことができます。

幼児期学習の特徴

 まず、バランスよく脳を育てることが必要です。そのため、幼児期に必要になる脳トレーニングを脳科学の立場から行い、脳をバランスよく発達させるように取り組みます。そして、疑問に思う子供特有の「考える能力」を伸ばします。考える力や新しいことへの発見は、この時期の子供たちにとっては、とても新鮮なことです。言葉で説明せずに絵や写真を活用することで、考える力や新しいことへの発見を子供自らが出来るような工夫がされているのです。

それに、カード遊びやシール貼り、紙を切ったりなど子供の興味を引き出すために家庭教師は取り組みます。興味を持てばやりたい気持がどんどん引き出されるので、楽しく学ぶことができるでしょう。小学校への入学準備も万全で、数や言葉の基礎を身につけます。ただ詰め込むだけのドリル形式ではなく、ゆっくりと進めて何度でも繰り返しできるような内容となっているので、子供たちも楽しく学習ができることでしょう。

学習教材の内容

 申し込む家庭教師センターによって異なると思いますが、幼児期で扱う教材をご紹介したいと思います。

  • ドリルなどの「知恵」をはぐくむ内容がこの教材。迷路や形あて遊びなど、仲間あつめやことば遊びなどシールを使って学ぶ内容などさまざま。
  • 頭・体・手を使う親子遊びなどで学習を行います。体を動かす遊びからごっこ遊びまで、親子で楽しみながら取り組むことができます。
  • 童話など、親子で一緒に楽しめる内容で学習を行います。お話を通して、親子のコミュニケーションを高めていきます。

Copyright (C) 2008 家庭教師で勉強対策. All Rights Reserved.